逆援助交際のルールとマナー

公には出来ない不倫という関係にも、最低限のルールとマナーが存在します。それは相手の家庭を尊重し、出しゃばった真似はせず、相手が負担を感じないようにすることです。どうしても最初は楽しく盛り上がることでしょうが、それでも相手に家庭があることは忘れてはいけないことなのです。逆援助交際も一種の不倫関係なのですから、当然のように同じことが言えます。

家庭での不満を抱え、離婚を視野に入れながら、逆援助交際に手を出してくる女性もいるでしょう。逆援助交際をして気持ちに区切りが付けば、また家庭に戻って旦那さんと上手くやる可能性もあるのです。しかし逆援助交際の相手である男性が、家庭を壊すようなことをしてしまうと、女性が頑張ることも出来なくなってしまうのです。

当然「すみません。ちょっとしたことでうっかりバラしてしまいました・・・」なんて言い訳ではすみません。バレずにいれば離婚もせずに、それなりの夫婦として幸せな家庭を維持していけたかもしれず、老後も安泰だったのかもしれないのに、その未来を奪うことになるのです。その権利が逆援助交際という場で出会った男性にはありません。逆援助交際のルールとマナー破りは、絶対にあってはならないということは必ず覚えておいて下さい。

関連記事はこちら