逆援助をしてくれる立場の女性の心理を考える

逆援助交際サイトにせっかく登録したのに・・。女性から何も言ってきてもらえない・・。と言う人はちょっと勉強しましょうよ。まず、逆援助をしてくれる立場の女性の心理を考えてみましょう。

女性はセックスだけしたいと言う訳ではないと思いますよ。お金を出す立場なのですから、自分の好みにそぐわない相手はイヤですよね。男性は女性に選んでもらう立場なのですから、プロフィールはもちろんしっかりと書く事でしょう。サイトのフォームに従って、プロフィールを書く事でしょう。後は本文で自分をアピールしているはずです。この段階で、つまらないアピールだったりすると、それだけで、もうアウトだと思ってくださいね。

では、プロフィールは一応一般的にと言うか、常識の範囲内だったとしましょう。もちろん、女性に印象を強くもたれるような本文が書けているなら、言う事はありません。その次の段階が重要なのです。それは何かな?ズバリ・・メールでのコミュニケーションなのです。

メル友の経験がある人は、結構多いと思います。ただし、逆援助交際サイトのメールの経験をしたことがある人は限られていると思います。何故なら、女性からメールを貰える事は難しいからなのです。ただのメル友関係であっても、何故か・?自然消滅してしまったと言う人もいますよ。それは、つまらない事ばかり書いているからですよ。

単なるメル友であっても、相手が女性であるなら、特に心を開いて欲しいと思いませんか?ただ、「暑いですね。雨ですね。」などと言う内容では、誰でも「退屈なメル友だなぁ。」と思うのではありませんか?

コミュニケーションと言うからには、メールの内容に潤滑油的な部分が含まれている事が望ましいと思います。
逆援助交際サイトのメールでのコミュニケーション力を身に着けて、セックスと報酬を手にしようと思いませんか?

プロフィールの本文中にも、自己アピールは上手にしておきましょうね。得意なセックスプレイを書くと分かりやすいと思います。ただメールを貰っただけで、「よし!これで逆援成功。」なんて思ってはいけませんよ。始まりはメールコミュニケーションなのです。それが一つのコツだと知って欲しいですね(笑)