今でも忘れられない学生時代の思い出

今でも忘れられない学生時代の思い出があります。逆援助交際のサイトを見たのがきっかけでした。その頃の私は、若さのせいか?性欲も十分にありました。サイトにそそられて、しかも逆援助交際してもらえるならと思ったのです。

登録はためらわずにしてしまい、掲示板に書き込んだら、美人の人妻と出会う事が叶ったのです。自分をコントロールする事が大変でした。何故なら、その人妻の事が好きになってしまったのです。「相手は人妻だよ。これ以上の気持ちを持ってはいけないんだから・・。」と自分に言い聞かせていたのですが、難しいものです。頭では理解していてもダメなのです。

「僕は、どうしようもなくあなたを好きになってしまいました。もう、僕を援助しないでください。対等に愛し合いたい。」と告げました。このように言われた人妻は、「私の事をそこまで思ってくれるのね。嬉しいわ。」と言って、以前よりも二人の関係は強くなりました。

損得勘定抜きの関係は、純粋に不倫関係となったのです。援助されている気持ちがなくなると、不倫への罪悪感が増しました。彼女は離婚する気持ちはありません。私もそれを承知していました。それでも、胸が苦しくなるほど彼女が欲しくなるのです。

彼女の家庭に波風を立たせる事はしませんが、彼女との結婚生活を夢見る事はやみません・・。このまま、せめて不倫関係を続けていけたらいいな・・と思っています。そして、私にも彼女と結婚ができるようなチャンスが訪れないか・・と待ち望んでいるのです。逆援助交際サイトの人妻を、好きになってしまった切ない私の気持ちです。