感情を高ぶらせてしまうと危険

逆援助交際をしていると、男性は良心がとがめる時もあるのです。一般的な「人妻の夫にバレないかな?」と言う内容とは別なのです。基本、人妻の夫に知られないように不倫をする事は理解しています。これは逆援助交際だけとは限りません。人妻相手なら同じです。

ただ、逆援助交際の相手の女性が若い場合・。「この女性はまだ、20代なのに僕を援助してくれる・。そんなお金をもらっている僕は・」と、つい心が痛む場合もあります。30代の若い人妻も中にはいます。かなりの年配の女性相手の逆援助交際なら、割り切った気持ちを持つ事はできるのですが・。人妻が若い場合は、「割り切り」と言う気持ちを逸脱しそうな気分になってしまうのです。ようするに好きになってしまうのです。

もちろん、逆援助交際は楽しいのですよ。ですが、相手の女性が若かったり、素敵だったりすると複雑な気分になるのが逆援助交際の辛いところだと思います。ひどいケースになると、人妻の家庭を壊してしまいそうになる男性だっているとか・。どうしても人妻の事を好きになってしまって、夫に直談判をしに行く男性もあると言います。これは非常識ですね。過激です。

常に、「自分は逆援助の相手として選ばれただけなのだ。」と言う意識を持っていないとなりませんよ。感情を高ぶらせてしまうと危険だと言う事です。人妻の家庭を守る事を優先してください。どんなに気に入った人妻だとしても、「逆援助」なのです。それを忘れてはなりませんよ。人妻と深くかかわり過ぎるのはダメですよ。癒される事もあり、辛くもある逆援助のパターンを経験してしまった男性は、辛いでしょうが「割り切り関係」をわきまえてね。