逆援交知識

逆援助交際でもらえる金額の相場について

逆援助交際なんて関係を築けるのは、かなり美味しいと思っている男性が多いことでしょう。しかしながら、「一体どのくらい貰えるものなの?」という疑問は絶対についてまわることでしょう。基本的には「買われる立場」になるわけですから、男性にはプライドもあることでしょう。ここでは逆援助交際の相場について紹介します。

逆援助交際は女性より低いことが多い

一般的に援助交際の相場は3万円から高い女の子で10万円前後と言われています。「割り切り」でもなく「援デリ」でもなくあくまで援交の相場はこのくらいするのが現代でも妥当です。

それでは逆援助交際の場合にはどのくらいの金額になるのでしょうか。男性の場合には女性のそれとは違い、逆援助交際という「援助交際」と言っているものの、女性の場合のように年齢制限がかかっているわけではありません。

男子高校生だろうと、大学生だろうと、社会人でも中高年男性でも一括りで「逆援助交際」になります。ですから、相場は非常に低くなる傾向が高いのです。その相場は1万円から高くて5万円だと言われています。

基本的にセックス=男性が得するものというイメージが高いため、やはり女性よりも低く設定されるのは仕方ないことかもしれません。

逆援助交際で稼ぐためには?

逆援助交際の関係を行い稼ぐためには、やはり一度のセックスの場面で相手が求めている欲求を満たし、満足させることが重要です。一度の関係で相手が満足してくれれば、金額を再交渉することも可能です。

金額を上げてくれなければ関係はこれまでと言えば、一度快楽を知ってしまった女性ならば、その要求に応じてくれる可能性が高いです。男性は一度のセックスで相手に飽きてしまうケースが多いものの、女性の場合には真逆なことが多いんです。

一度カラダの関係を持ってしまうと、「情」が沸いてしまったり、快楽が高ければ高いほどにそれを感じるケースが多くなります。一般的に援交の場合には最初の一度がもっとも高額で徐々に値切るケースが多いですが、逆援助交際の場合にはそれとは反対で関係を重ねるほどに単価が上がるパターンが多いといえるのです。

最初の金額は妥協しても良い

逆援助交際では援交の場合と比較して、単価が低く、その相場は1万円から5万円と言われています。ただし最初の一度は低くても、相手を満たすことができれば、どんどんと単価を引き上げることも可能です。

女性の場合とは違い、最初の関係がもっとも単価が低く、プレイ内容次第ではあるものの、関係を重ねる度に単価を上げていくことができることでしょう。

関連記事はこちら