逆援交成功するには?

こんな女性が逆援相手にオススメ

逆援なんて悪質な出会い系サイトの宣伝文句に過ぎない!ただでセックスできるというだけでもスペシャルなことなのに、セックスができる上「お礼」までもらえるなんてありえない。しかし現実には逆援をエンジョイしている男性が存在しています。ここでは逆援相手を選ぶ際のポイントを紹介します。

逆援するなら自分の好みは除外すること

逆援を実現させたいのであれば、基本的には自分の好みの女性と関係を持ち、しかもお金をもらおうなどという甘い考えは捨てるべきです。逆の立場で考えてみて下さい。援交を求めているのに「イケメンに限る」なんて条件を出されていたらどう思いますか?って話です。

それと同じで自分の好みのタイプの女性であり、その上に援助も受けたいと願うのは都合の良すぎる話ってわけです。逆援の関係を望むのであれば、こちらは「選ばれる側」であるという前提を忘れずに相手を探していきましょう。

年齢は40代以上を狙う

若い女性はまとまったお金を持っていることが少ないですし、その気になればいくらでもセックスのパートナーを探すことは可能です。20代や30代の女性がお金を支払ってでもセックスができるパートナーを求めることはほぼありません。

セックスができて、しかも「お礼」まで貰える女性となれば、やはりある程度に自由にできるお金を持っている可能性が高い40代以上のいわゆる「熟女」をターゲットにすべきでしょう。

お金を持っているという理由の他にも、やはり結婚をして長時間経っている可能性が高く、パートナーに困っている状況にいる女性が多いこと。そして女性の性欲の最高潮時は30代後半から40代と言われているからです。

つまり男性の思春期や10代後半、20代前半のような激しい性欲が女性の場合には40代になってから襲ってくることになるということ。旦那さんからも相手にされず、しかも他人からは「旦那持ち」であり他人の物という認識があって相手にされない。

それにも関わらず性欲だけは高いとなれば、それを解消するためにお金を払ってでもと思うのは当然とはいえないでしょうか。

ターゲットを絞れば逆援関係は可能

普通に考えると逆援の関係を持つのは不可能と思われがちです。しかし好みを捨てターゲットを絞りアプローチをすれば、「お金を払ってでもセックスのパートナーが欲しい」と思っている女性は40代以上の女性を中心に多く存在しており、男性には夢のような逆援を実現させることができることでしょう。

関連記事はこちら